EZURIKO CHブログ

チャレンジしなかった自分に後悔するのはつらい

ワクチン ある自己免疫疾患の権威の話

f:id:doruki:20220510195241j:image

勤務医より
氏の外来では当初から患者さんにmRNAワクチン接種を勧めていないという。それは免疫抑制薬で絶妙に保たれている免疫のバランスが、接種によって大きく崩れることで原病が悪化してしまう可能性があるから。実際にそういう症例を聞いているという。これは以前から知られていることで、ワクチン接種やウイルス感染により免疫のバランスが崩れることで、原病が悪化する。だからもちろんコロナ感染でも同様の可能性はあるが、今まで感染していないのに今から感染するリスクと、わざわざ接種して原病を悪くするリスクと、どちらをとるかという話。さらに接種しても結局感染するし、接種しなくても今や重症化リスクは高くないということもあると。
あとは実際に接種して原病の悪化で重篤な障害が生じた場合、救済制度でも因果関係の証明は難しく、救ってもらえない可能性が高いことも氏は知っている。あくまで一つの考え方ではあるが、現場ではこういう意見もあるし、それで実際に接種していない患者さんたちもいる。
でもこうした内容を公に話すと反ワクチンと糾弾されるため、表には出てこない。

 

全資料

https://www.pmda.go.jp/RMP/www/672212/844b8dfe-491e-470f-ab0f-31f68e867f5e/672212_631341DA1025_10_015RMPm.pdf?fbclid=IwAR1gQ2wxsG8PtaEwvhbvj9yMU2ynYdGSAFJDoi_POTrzQCbCl-G9zROLlnM