EZURIKO CHブログ

チャレンジしなかった自分に後悔するのはつらい

5回目の研修終了

今日は新たにもう1名加わり、研修生4名、講師1名の5名で研修でした。
人数的にはちょうどいい感じに思われました。いよいよ自分の都合では研修日を変えずらくなってきます。
今日は膝の痛みに関する手法を勉強しました。オスグッドも直してしまうかなりの究極奥義です。
究極なだけに、本日はこれのみで、しかも完璧には習得できずに帰ってきました。
DVDとメモと記憶をだとりながら妻を相手にまた練習です。
今日のメモは、ほぼ手法の実施で時間を取られ、メモをとっている暇はあまりありませんでしたが。
変に力がはいるせいか、疲労もあり、ぜえぜえ言いながらの研修でした。
明日筋肉痛になるかも、と先生から言われましたが、すかさず究極のストレッチで苦し紛れの疲労回復を試み、
残すわずかな時間で経った状態での施術を教えてもらい本日終了です。
このストレッチで明日の疲労度に変化があるのか楽しみでもあります。普通なら間違いなく筋肉痛で、56日は痛いはずです。たぶんそんなことはないでしょうが。
 
それにしても、私はラッキーです。
本当なら平日東京まで行って時間と金をかけて、しかも大勢の中でなんとなく手法をちらっと教えてもらうだけ、みたいなところに思えますが、先生にかなりがっつり見てもらいながら手取り足取り教えてもらえるなんて幸運です。
丁寧に教えてもらっています。同じことを何回も言われないように、スパッと覚えて、悩める人々を救える日を迎えられればと思います。
妻が体調不良にならなければ自然形体療法にもであえませんでした。
地元に自然形体療法を習得した先生の存在にも気づくことができませんでした。
人は、必要なときに、必要な人に出会うチャンスが巡ってきて、運よくチャンスをつかむことができれば、いろんな人にあえて、刺激を受けながらいろんな人生を謳歌できるのでしょうね。
仕事、家庭、研修の3立は大変ですが、自然形体療法を世に知らしめるために頑張ろう!